blog建築設計事務所

石の教会 内村鑑三記念堂


石の教会 内村鑑三記念堂

こんにちは。CADオペレーターの浅山です。

先日、友人の結婚式に参列する為、軽井沢の石の教会に行ってきました。

石の教会 内村鑑三記念堂

石の教会は、フランク・ロイド・ライトの愛弟子、ケンドリック・ケロッグ氏の設計により、

明治・大正時代のキリスト教指導者・内村鑑三氏の教えである

「何ものにも縛られない自由・無教会思想」

をオマージュして作られたオーガニック建築物です。

オーガニック建築物はライトも得意としていた建築で、

そこにある自然に溶け込むように作られている石の教会には、

ライトの思想を引き継いだ、師弟愛をも感じる納得の建築物でした。

教会内は撮影NGの為、外観しか撮影できませんでしたが、

内部は石のアーチとガラスのアーチが交互に織り成す構造になっており、

石は男性、ガラスは女性を表しているとのこと。

入口のアーチは小さく、建物奥に向かってアーチが大きくなっていく構造は、

二人が互いに支え合い、成長していく様子を表しているそうです。

内村氏が掲げた「祈りの自由」を表すように、教会の中の十字架はありません。

思想が込められていることで、建物の奥深さや価値が何倍も高まるなと改めて感じました。

久しぶりに思想を形(建築)で表現するということに触れて、

建築を志した若かりし頃の自分を思い出し、

家に帰ってからライトの作品集の本を開いてみたりしたのでした。