blogスタッフブログ建築設計事務所

土地の価格設定

ハウジングアーキテクト

土地の価格設定

こんにちは。CADオペレーターの浅山です。

我が家でも 現在住んでいる築三十数年の家を建て替える計画をしております。

敷地面積が33坪程度の小さい土地の為、将来親との同居の可能性を踏まえると

もう少し広い土地に住み替えたいという事になり、

土地の簡易査定をしてもらいました。

駅近だし、役所や郵便局、小学校も近くて住環境は抜群にいいのですが、

査定結果は予想よりも500万以上低い価格でした。。。

一番大きな原因は「43条但し書き道路」に面している土地であるということでした。

「43条但し書き道路」とは、建築基準法上の道路ではないけど、道路のような空間のことで、

建築計画をする際は特定行政庁の建築審査会の同意が必要になります。

その他、同じ43条但し書き道路に面している近隣の方々にも

建築計画について同意を得なくてはならず、

普通の道路に面している土地に比べると手続きが面倒です。

この土地で建築計画をした場合、それだけの申請手数料が

60~70万にも上ります。(我が家の場合。)

その為、土地の価値は下がってしまうのです。

それさえなければ、500万~800万は高く値が付いたであろうに…。

そんな訳で、住みかえとなると同じ駅近の土地は差額が大きくなってしまうので

今の土地で建て替えが一番無難…という結論に至ったのであります。。

マイホーム計画の道のりは長いですね~。