blogスタッフブログ建築設計事務所

扇風機先輩と事務所の冬-ハウジングアーキテクト清瀬-


扇風機先輩と事務所の冬

いったい秋はどこへやら?CADオペの池田です。

秋っていつ来たっけかと思っているうちに、冬に入ってきてしまいました。

我がハウジングアーキテクトの事務所は(恐らく)コンクリート造の為、

冬は非常に寒いです。コンクリートというのは『熱容量』というのが

大きいため冬の室内は寒いのです。(※熱容量大の建物は夏は暑いです)

熱容量が大きいというのは構造内にたくさん熱を取り込むことができる素材』といえば

いいでしょうか。つまり、外が寒いと外の冷たい温度を構造に取り込んでしまい、

しっかり断熱しないと、室内にまで影響して冷え冷えにしてしまうのです。

そんな冷え冷えしやすい事務所を暖めているのは、

エアコン2台と石油ファンヒーター、電気ストーブです。

が、実はこれだけでも寒いのです。そこで活躍するのは、

『扇風機』天井に溜まりやすいあったかい空気を、

↑わが社の救世主 扇風機先輩(私より先入社)。夏も冬も大活躍です。

エアコンの1方向しか吹かない温風を、室内に回してくれるのです。

実は扇風機があるだけで室内環境は全然違います。

いくらエアコンの温度を上げても足元が寒いのは

あったかい空気が軽いから上に溜まっているだけなのです。

それを扇風機をつかって室内の空気をまわしてやると、

あら不思議、室内の空気が均一になります。

ポイントは扇風機の首を上に向けて首ふりにするといいですよ。

頭と足の温度が3℃違うと、人間は不快に感じるので、(←これ試験に出ます)

足元が寒いとお困りの方は是非お試しを。

 

★多様なご質問はこちらから★

~お問い合わせはこちら~

我が事務所には頼れる建物のプロがいます!