blogスタッフブログ建築設計事務所

冬の乾燥と加湿-ハウジングアーキテクト清瀬-


冬の乾燥と加湿

こんにちは。池田です。

もう気づいたら12月。時がたつのは早いものですね。

冬です。空気の乾燥が気になる季節です。

私ごとですが、我が家に新しい加湿器がやってきました。

我が家はエアコンを暖房器具として使っているので、

部屋の乾燥が気になっていました。エアコンは室内の空気を使って

暖かい空気を作るので、部屋の湿度が失われます。

今までは、小型の加湿器で済ましていましたが、

部屋の大きさと合ってなかったため、

カピカピでしたが、ついに部屋に合ったものを購入。

加湿器というものは、「木造以外」と「木造」とで、

許容畳数というのが大分違いまして、「木造」というのは、

純和風の柱や壁が見えているような(真壁工法といいます)たくさん湿気を

吸収するような仕上げの場合の畳数だそうで、一般的なビニールクロスで

柱が見えないような部屋の場合は+2,3畳いけるそうです。

因みに加湿器は、部屋の高い場所に設置するのが効果的だそうで、

湿気というものは、空気より重いので、下から吹かせても足元だけ湿気るだけなので

上から散布させ、人がいる空間を加湿するというのが効果的です。

冬は、扇風機や加湿器を利用して、快適な環境をつくると、よりエコになりますね。

ではではまた来週~

お問い合わせはこちら