建築設計事務所

建築設計事務所×SDGs 2

設計事務所が取り組むべき SDGsへの課題 (1)

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて
記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,
「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 

弊社ではこの理念に共感し、持続可能な住まいを提供するために意識も持ち続けるために

①全ての女性が職場においてあらゆる形態の差別の撤廃と能力強化促進への取り組み(GOAL5)

②全ての人が包摂的かつ持続可能な居住計画能力の強化への取り組み(GOAL11)

③全ての方と手段を強化し、グローブ・パートナーシップの強化への取り組み(GOAL17)

について持続的な行動し続けます。

これまで以上に意識し、一つひとつの行動に変化を与え、
「誰一人取り残さない」社会へ導き、多様な暮らし方があるなかで
誰もが幸せになる住まいだけでなく、よりハード面とソフト面の考えのもと
お施主様と一緒に考えていきます。

 

 

これまで以上にこのSDGsの趣旨に賛同し、私たちから出来る事から、少しずつ活動していきます。

 

 

過去記事

建築設計事務所×SDGs 1