Browse Tag For

マイホーム計画

Showing: 1 - 6 of 7 Articles

【新サービスのご案内】公式voicyはじめました。

【新サービスのご案内】公式voicyはじめました。

皆さまこんにちは。代表の竹内です。

緊急事態宣言下において、ホームステイが続いている状態ですが
どのようにお過ごしでしょうか。

この度、当社では新しい情報発信サービスを始めました。

デジタルテクノロジーの活用として
ボイスメディアvoicyをはじめました。

株式会社ハウジングアーキテクト
公式voicy

https://voicy.jp/channel/1609

不定期ですが、

・建築設計事務所として
・家づくりに関すること
・「障がいのある人」向け住まいづくりに関すること
・代表の私生活のこと
・その他

様々なことを発信していきます。

 

新型コロナウィルスにより、ホームステイが求められている状況ですが
スマホやタブレット、PCを通して、聞いてみてください。

設計事務所が取り組むべき SDGsへの課題 (1)

建築設計事務所×SDGs 2

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて
記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,
「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 

弊社ではこの理念に共感し、持続可能な住まいを提供するために意識も持ち続けるために

①全ての女性が職場においてあらゆる形態の差別の撤廃と能力強化促進への取り組み(GOAL5)

②全ての人が包摂的かつ持続可能な居住計画能力の強化への取り組み(GOAL11)

③全ての方と手段を強化し、グローブ・パートナーシップの強化への取り組み(GOAL17)

について持続的な行動し続けます。

これまで以上に意識し、一つひとつの行動に変化を与え、
「誰一人取り残さない」社会へ導き、多様な暮らし方があるなかで
誰もが幸せになる住まいだけでなく、よりハード面とソフト面の考えのもと
お施主様と一緒に考えていきます。

 

 

これまで以上にこのSDGsの趣旨に賛同し、私たちから出来る事から、少しずつ活動していきます。

 

 

過去記事

建築設計事務所×SDGs 1

 

SDGs達成に貢献することにコミットします。

いつもありがとうございます。

弊社は10年という歳月を走り続け、
様々な人と関わり成長を続けてきました。
企業としての成長、人としての成長、
企業が企業であり続けるためには何が必要なのか。
雇用する責任。つくる責任。つかう責任。
多様な考えで、前に進んでいく力をつけさせてもらいました。

平成という年号が終わりを迎えるにあたり
新しい時代へ入り挑戦し続ける1つの企業として
「SDGs達成に貢献することにコミットする」
ことをここに宣言します。

小さなことから考えてみて、触れてみて
17のゴールの達成に向けて行動していきます。

マイホーム計画~エネファーム~

マイホーム計画~エネファーム~

こんにちは。浅山です。

マイホーム計画ですが、当初は予定のなかった想定外の設備を取り入れることになりました。

なんと、太陽光発電システムとエネファームのW発電を採用!!!(主人たっての希望…)

今の家が冬場はとても寒く、冬の電気代がものすごく高くついているので、飛びついちゃったんですねぇ…主人が。。。

太陽光発電はさておき、エネファームについてはCMで聞いたことはあるけど詳細を知らない…という人が沢山いると思います。

私もあまり知らなくて、今回調べました!!

簡単に説明すると、エネファームは家庭で使う電気とお湯を一緒に作り出すことができます。

エネファームの装置で、都市ガスから「電気」を作ります。

この時、発生する熱を利用して「お湯」を同時に沸かせるのが最大の特徴です。

発電のついでに作ったお湯をお風呂や給湯に使うことで、省エネかつガス代の節約にもなる画期的なシステムです!!!

となっているんですが…

使用してらっしゃる方の情報だと

ガスで発電しているので、ガス代は高くなるようです。。。

電気代は安くなるけれど、トータルで本当に節約になるのか疑問だらけ…。。。

「初期費用の回収は期待できない」と書かれている方もいて、

そんな疑問を主人に投げかけてみたところ

「うーん、なんとなく新しいものを取り入れてみたいだけなんだけど~」

と、やる気のない回答が返ってきて一瞬時が止まりました。

主人のやる気のない一言によって私がこの件について検証をする気力がなくなってしまった為、

このままムダになるかもしれないお金をエネファームに投入することになりそうです。。。

 

マイホーム計画は気力が大事。

 

 

 

 

マイホーム計画~ホームエレベーター~

マイホーム計画~ホームエレベーター~

こんにちわ。CADオペレーターの浅山です。

 

現在の敷地に建て替えをすることになった浅山家ですが、将来的に親と同居できる計画は現在も生きたままです。

といっても敷地が約111㎡(33.5坪)、建ぺい率40%(13.4坪)、容積率80%(26.8坪)の土地なので、

水廻りとLDKと玄関を配置して1階はおしまい…。寝る部屋は2階に…。という間取りしか作れません(泣)。

 

それでも!こんな小さい家であっても!年老いた親と同居できるように準備しておきたい!

 

ということで、将来的にホームエレベーターを設置できるようなスペースを確保することにしました!

 

これで足腰が弱くなっても、階段の上り下りを心配する必要がありません。

まぁでも小さい家なので、つけるかどうかも分からないものは最小限のスペースにしておきたいということで

小さいエレベーターを探してみました。

 

 

ありました!畳一畳分!

 

 

長手方向、身近手方向、どちらでも扉をつけれらます!

 

このような小型の車いすにも対応しているとのこと。イイじゃないですか♪

 

 

これ、採用!!!

 

このエレベーターのスペースは、最初は納戸やクローゼットで使用し、

後々リフォームで簡単に設置できるようにしておくのです。

親だけでなく、将来自分達こそ必要になるかもしれないので、備えておくのは大事です!

マイホーム計画は、今現在や少し先の事だけではなく、生涯を見据えて代えが利くように計画するなど

何か問題が起きた時に選択肢の幅が広がるようにしておくことをお勧めします♪

 

 

マイホーム計画~直下に地下鉄が通る土地~

マイホーム計画~直下に地下鉄が通る土地~

こんにちは。CADオペレーターの浅山です。

先週に引き続き、今週も我が家のマイホーム計画の出来事をご紹介いたします。

 

今回は住み替えの為の土地探しについて。

 

毎日のようにネットで売地情報を検索しているのですが、

先日、駅近で敷地面積が広い土地なのに、激安価格の土地を見つけました!

これです。↓(金額はあえて伏せます。。。でも激安です。)

敷地形状は旗竿地と呼ばれる形状で、

その名の通り旗に竿がついているような土地で、

敷地全体が道路に面している土地と比べると土地の価格は下がるのですが、

それにしても安すぎる…。

ということで、不動産会社に現地住所を教えてもらい地図で検索したところ

丁度真下に地下鉄が通っている土地でした。

激安の理由はそこにあったのですね~。

その土地についてもう少し調べていると

木造二階建て以外を建てる際は、JRの許可が必要だとか…。

まぁ、基本的に木造2階建てにしようとは思っていたので

JRに許可を得る必要もなく、なんら問題ないのですが

家の真下が空洞になっているのかと思うとなんだか落ち着かない…。

近所だったこともあり、実際に現地に行ってみると、

地下鉄が通っているであろう手前の土地には

最近建てたばかりと思われる2階建て住宅が建っていました。

「この家主は真下に地下鉄が通っていても気にしない人生を選んだんだな…」と、その腹をくくった決断に尊敬さえ覚えました。

…が、私は腹をくくれない~~~~~!!!

 

却下!!!

 

我が家のマイホーム計画はまだまだ続く…。

 

 

LINE
土地探し、設計プラン図や基本設計相談をご希望の方は、公式ラインより24時間受付中です。
公式LINEはコチラから
土地探し、設計プラン図や基本設計相談をご希望の方は、公式ラインより24時間受付中です。
公式LINEはコチラから